SaaS 型OKRサービスを運営するResily、総額約5億円の資金調達実施のお知らせ


SaaS 型OKRサービス「Resily(リシリー)」を提供するResily株式会社(本社:東京都渋谷区、 代表取締役:堀江真弘、 以下、 当社)は、 DNX Ventures、 セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)の投資部門であるSalesforce Venturesを引受先とする第三者割当増資により、 総額約5億円の資金調達を実施しましたので、 お知らせします。

Resilyのロゴ

 

当社の事業ならびに資金調達について

OKRは、 Objective & Key Results の略称で、 野心的な目標・ゴールと、 そこに到達するために必要な結果を設定し、 企業を飛躍的な成長に導く目標設定・運用手法です。

当社は2017年8月の創業時より、 このOKRにいち早く着目し、 事業ビジョンの達成に近づくための質の高い振り返りと目標設定を仕組化し目標達成をサポートする、 OKR を軸としたSaaS型目標管理ツール「Resily」を提供しています。
Resilyは、 会社の事業方針と各部の目標設定の関連を可視化できるのはもちろんのこと、 事業方針に対しての各部署、 各メンバーの戦略や実行プラン、 タスクも可視化できます。 誰がどのような戦略を持って事業の成果に向かっているのかを、 社員全員で把握できる目標管理ツールです。

本資金調達により、 SaaS 型OKRサービス Resily の技術開発、 および販売体制の強化、 また、 お客さまによりよいサービス体験をしていただくためのカスタマーサクセスの強化に邁進してまいります。

●「Resily」サービス画面
Resilyのサービス画面

 

資金調達について

主な引受先は次のとおりです

DNX Ventures
東京都千代田区大手町1-1-1 大手町パークビルディング717

Salesforce Ventures
セールスフォース・ドットコム(日本法人:株式会社セールスフォース・ドットコム、本社:東京都千代田区、代表取締役会長兼社長:小出伸一)の投資部門

 

引受先からのコメント

●DNX Ventures
マネージングディレクター 倉林 陽 氏
海外で既に多くの支持を得ているOKRは、 設計、 定着、 運用の難しさからまだ日本では大きな広がりを見せているとは言えない状況です。 OKRとSaaSの組み合わせによる業界変革の可能性に早くから注目し、 実績を残してきたResilyの提供するプラットフォームが日本の人材管理市場の変革の担い手になり、 日本企業の生産性向上を実現することを期待しています。

●株式会社セールスフォース・ドットコム Salesforce Ventures
常務執行役員 日本代表 浅田 慎二 氏
執行役員 浅田 賢 氏
OKR実践において豊富な経験を有するResilyを出資を通じてご支援出来ることを嬉しく思います。 従業員のエンゲージメントを高め、 企業の野心的な目標達成を目指すOKRは、デジタルトランスフォーメーションが加速する国内主要企業においても導入が広がることが期待されます。この分野のパイオニアであるResilyの成長をセールスフォース・ドットコムは支援して参ります。

引受先とResiky役員

写真左から、 倉林陽 氏(DNX)、 西方聖一(当社取締役)、 堀江真弘(当社代表取締役)、 西川哲郎(当社取締役)、 浅田賢 氏(Salesforce Ventures) 、浅田慎二 氏(Salesforce Ventures)

 

【会社概要】
・会社名:Resily株式会社
・設立:2017年8月
・事業内容:OKRマネジメントツール「Resily」の開発・販売、 OKR導入支援サービス
・所在地:東京都渋谷区神宮前6-17-15 落合原宿ビル10F
・代表者:堀江真弘
・資本金:2億5,400万円
・サイト: https://resily.com



OKRを簡単導入して運用する仕組みResily(リシリー)

【PR】働き方改革にはOKRの導入がキーになる

OKRを導入することで全社のベクトルを合わせた目標設定ができ、無駄を排除して効率的な企業活動を実現できます。
クラウドOKRサービスのResilyは、OKRフレームワークを簡単に進めていくための型を提供し、運用負荷を削減します。
会社全体が1つのチームになり、アクション改善の判断に必要な情報共有がスムーズに進みます。
ご興味ご関心がありましたらお気軽にお問い合わせください。

うまくいく会社の目標設定・運用の仕組みをクラウドで - クラウドOKRサービス「Resily」