ブログ

会社におけるKGIとは?KPIやOKRとの違いを解説します!


マネジメントの勉強を始めると、最初に突き当たるのが専門用語です。日常では決して使わないKGIやKPIといった単語が頻出してテキストが頭に入らないことがあります。

そこで本稿ではKGIをはじめとして、会社のマネジメントでよく使われる単語の意味や違いを解説します。

  • KGIの概要
  • KGIと他の用語の違い
  • KGIを設定するメリット
  • KGIの設定方法
  • KGIを数値化させにくいときの対策

決して難しい概念ではないので、ひとつずつ理解していきましょう。

KGI(重要目標達成指標)とは「組織やプロジェクトの最終的な目標を定量的に評価するための目印」という意味

KGI(Key Goal Indicator)は日本語で、「重要目標達成指数」や「経営目標達成指標」などと訳されています。

会社経営でKGIを使う例としては、売り上げN%アップやPV数N%増加などがあります。

KGIマネジメントとは、KGIによって組織を管理すること

KGIマネジメントとは、KGIを道しるべとして組織を管理することです。

大まかな流れは以下の通りです。

  1. KGIを設定する
  2. KGIに基づいてKPIを複数設定する
  3. KPIを達成できるように、業務に取り組む

次にKGIと同じ目標管理に関する専門用語との違いを紹介します。

KGIはKPIやOKRと何が違うのか

ここではKGIと、KPI、OKRの違いをそれぞれ解説します。

KGIとKPIの違い

KPI(Key Performance Indicator)とは「重要経営指標」や「重要業績指標」と訳されており、目標を達成するための状況を表しています。

KGI(Key Goal Indicator)は最終的に達成したい目標指数ですが、KPIはKGIを達成するためにクリアしたいチェックポイントのようなものだと考えてください。

例えば小売店の場合、KGIとして「売り上げの増加」で、KPIとしては「来客数の増加」や「1人あたりの購入金額の増加」などがあげられます。

KGIとOKRの違い

OKRとは(Objective Key Result)の略称です。

直訳すると目的と主要や結果という意味で、高い目標を設定することで予想外の成果をあげる目標管理の手法の事です。

OKRについて詳しくは下記の記事をご覧下さい。

OKRとは?メリットや流れ、導入事例をご紹介します

KGIとOKRの違いは目的にあります。

KGIは設定したゴールの100%達成が目的となっているため、達成できそうな現実的なものでなくてはなりません。

一方のOKRは成長を目的としたものです。

OKRにおいて、設定される目標の達成度は100%であってはいけません。

達成度が70%ぐらいになりそうな、背伸びしたゴール(ストレッチゴール:stretch goal)を設定することで、従業員の思いがけない成長を促すのがOKRなのです。

KGIを設定するメリット2つ

KGIを設定することで、目標がわかりやすくなり、業務の方向性が揃いやすくなります。

また目標に対する進捗を定量的に評価できるようになります。

以下、個別に解説します。

目標がわかりやすくなり、業務の方向性が揃いやすくなる

みんな一丸となって頑張ろうというスローガンとは違って、KGIで求められる目標は具体的な数値や時期が決まっています。

目標が具体的なので「何をどのくらい頑張ればいいのか」はっきりさせることができるのです。

来月は頑張ろうでは従業員個人の「頑張り」が主観的なものになってしまい、定量化できないからです。

しかし「来月は売り上げ10%アップ」という明確な形でKGI(重要経営指標)を示せば、目標から逆算してどれくらい頑張ればいいか、何をしたらいいか考える事が出来ます。

あいまいな目標では共通認識が持てないのです。

目標に対する進捗を定量的に評価できる

KGIを定める事で、目標が明確に数値化されるので、達成度60%など客観的な指標で進捗を把握できるようになります。

一方で目標が数値化されてないと、進捗の確認は簡単ではありません。

会社がKGIを定めていないのは問題です。

従業員にとってはいわば全体の距離がわからないままマラソンを走らされているようなものです。

KGIの設定方法

KGIは、Smartの法則に沿って設定するのがおすすめです。

というのも、Smartの法則に沿って作られた目標は具体的なものになるためです。

Smartの法則とは、以下5つの基準に基づいた目標の立て方です。

  1. Specific(具体的な):目標が具体的か
  2. Measurable(測定可能な):達成度を測れる目標か
  3. Achievable(実現可能な):達成可能な目標か
  4. Relevant(関連した):目標の達成が自分の利益につながるか
  5. Time-bound(期限を定めた):期限が設定されている目標か

KGIは具体的であればあるほど、そのメリットは大きくなります。

KGIを設定するときの注意点:KGIは複数設定してはいけない

KGIは複数設定してはいけません。なぜならKGIは指標だからです。

指標を何個も持ってしまうと、進む方向があやふやになってしまいます。

日常生活に置き換えて考えてみましょう。正反対の方角にある2つの施設のどちらにも行こうとすると、同じ道を行ったり来たりする、非効率的なルートを取らざるを得ません。

KPIは1個だけ設定してこそ、十分な効果を出せるのです。

KGIを数値化しにくいときにすべき対応

KGIは数値化してこそ効果を出せるものですが、全ての目標を簡単に数値化できるとは限りません。

KGIを数値化しにくいときにすべき対策としては下記になります。

  1. 金額や割合など、数値化できる単位からKGIを考える
  2. データを集めて、数値で測れる状態にする
  3. 数値化以外の方法で、具体的に達成時のイメージをつくる

金額や割合など、数値化できる単位からKGIを考える

対策1つ目は、金額や割合など、数値化できる単位からKGIを考える方法です。

例えば「顧客を幸せにする」という漠然とした目標から考えても、なかなか数値化には結びつきません。

しかし数値、例えばN%といった割合から考えれば、

  • 顧客をN%幸せにする
  • 顧客満足度N%以上を達成する

などと目標を数値化できます。

データを集めて、数値で測れる状態にする

前述のように顧客満足度を目標にしても、今の顧客がどれほど幸せかわからなければ、効果的な目標は設定できません。

しかしデータを集めれば、顧客満足度を数値で測れます。

例えば購入者に対して、アンケートを実施するのがよいでしょう。

数値化以外の方法で、具体的に達成時のイメージをつくる

どうしても目標を数値化できなかったとしても、目標を具体的にする方法は他にもあります。

例えば目標が顧客を幸せにすることなら、商品が早く届いて喜んでいる家族などがより具体的なイメージになります。

KGIを設定して業務の方向性を確認!

本稿では、会社におけるKGI(Key Goal Indicator)について解説しました。

KGIは「組織やプロジェクトの最終的な目標を定量的に評価するための目印」という意味です。KGIを設定することで、組織が優先すべき目標や業務がわかりやすくなります。

まずは組織が掲げている目標を整理して、どれをKGIと設定しているのか検討してみましょう。



OKRを簡単導入して運用する仕組みResily(リシリー)

【PR】働き方改革にはOKRの導入がキーになる

OKRを導入することで全社のベクトルを合わせた目標設定ができ、無駄を排除して効率的な企業活動を実現できます。
クラウドOKRサービスのResilyは、OKRフレームワークを簡単に進めていくための型を提供し、運用負荷を削減します。
会社全体が1つのチームになり、アクション改善の判断に必要な情報共有がスムーズに進みます。
ご興味ご関心がありましたらお気軽にお問い合わせください。

うまくいく会社の目標設定・運用の仕組みをクラウドで - クラウドOKRサービス「Resily」