OKR導入の3つのポイント

飛躍する企業が実践する「OKR」を
簡単に導入して運用する仕組み Resily

グーグルやインテル、メルカリが実践する飛躍のための目標設定の仕組み「OKR」を簡単にはじめる
明確な目標設定を進めていくためのテンプレートがツールで提供されるから、継続できる
OKRの導入支援ワークショップや、運用をサポートするコンサルティングサービスも提供







導入企業

株式会社アラン・プロダクツ シェアゼロ株式会社 Sansan株式会社 スタイラー株式会社 株式会社souco

飛躍する目標設定の3つのポイント

SMART(明確、観測可能、実現可能、組織貢献に関連する、期限設定)などの目標設定を会社全体で徹底することは困難です。
OKRは、よりパワフルかつシンプルに、「メンバーがワクワクでき、全体のアクションプランが整合する」ような目標設定を目指します。
OKRの3つのポイントをご紹介します。

1

野心的でワクワクする目標を設定


メンバーみんなが「力を注ぐ意義がある」と思える野心的な目標が達成意欲を高めます。

2

全体像を可視化し、納得して目標設定する


全体のアクションプランを俯瞰することで、納得した目標設定と方向の統一を実現します。

3

全体の達成見通しに応じて変化を許容する


全体の達成見通しを俯瞰し、テコ入れや停止する目標、追加する目標を明確にします。

ResilyのOKRサービスの特徴

OKR を導入することで、メンバー全員が事業全体のアクションプランを把握できます。
そのため、納得感を持った目標設定を実現し、全体を把握した上で計画の修正やテコ入れが可能になります。
Resily(リシリー)でOKRを簡単に導入し、運用し続けられる3つのポイントを紹介します。

*OKRとは、Objective&Key Results(目標と主な結果)の略称で、事業全体の目標のつながりを可視化し、チームや個人
の目標を会社目標に整合させる目標管理手法です。グーグルをはじめ、数多くの成長企業で活用されています。

OKR導入支援ワークショップで
スムーズに導入推進できます
関係者向けに、OKRの設定や運用の
ポイントを伝達し、会社が目指す方向を
すりあわせてOKRに置き換えていくための
ワークショップを提供しています。
飛躍する企業が実践する
成長の秘訣をご案内いたします。
テンプレートに沿って目標を入力すると、
メンバーに自然と目標の全体像が浸透する
クラウドOKRツール「Resily」を利用すると、
定量成果の背後にある、本当に
到達すべきゴールや目的が自然と浸透していきます。
OKRの繋がりを可視化するマップ機能を使えば、
自分と同僚、他チームの目標の関連がひと目でわかります。
全体の達成見通しを可視化し、
テコ入れや優先順位判断を容易にする
達成の見通しを、赤・黄・緑の3色でわかりやすく表示します。
これにより、全体のアクションプランで
テコ入れが必要な箇所を明確にすることができます。
当初の計画と変更したり新たなプランを追加する場合でも、
全員に違和感なく意図が伝わり、生産性が高まります。
及川卓也

“各社のOKR導入や運用の相談を受けてきたが、
今後は Resily を勧めていきたい。
Resily なら OKR の本質を多様なチームに提供できるだろう”

及川卓也

– マイクロソフト、グーグル等でプロダクトマネジャーを経て独立
– 日本初のOKR本である『OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法』(日経BP社)の解説も書いた。



OKR と Resily のサービス詳細はこちら