目標に紐づけて
情報を整理

共有したい情報を
KRと紐づけて整理整頓します。

情報の透明性が、
OKR成功の鍵です。

MTGの内容や、ルールなど必要な情報を目標に紐づけて管理。
情報が分散することを防ぎます。

メモ・議事録は
OKRに紐づけて管理
OKRへの紐付け

社内の議事録は整理していつでも見れる状態に。 ちょっとしたメモから定例会議の内容まで、OKRに紐づけて整理します。情報取得がカンタンになり、今まで以上にコミュニケーションが活発になります。

単なるメモでは終わらない
自由なコミュニケーション
コメント

作成したノートへのコメント機能で、コミュニケーションを促します。 補足情報から、フィードバック、会議後の気づきなど、目標達成への会話がスタートされます。

共有したい人を選べる
1on1にも活用
公開範囲設定

作成したノートは公開範囲を自由に設定できます。 機密性を高めたい1on1で話した情報なども、ノート機能で一元化が可能。 会話内容を思い出す時間から開放されます。

「あの議事録どこだっけ?」
から解放されて業務を効率化しましょう。

Resilyの機能一覧

OKRマップで
目標を1つの場所に

OKRツリーを1つの画面に地図のように作成。組織の戦略への貢献が可視化された目標設定を可能にします。

進捗の把握を
リアルタイムに

進捗の一括更新機能で、最新の情報をリアルタイムに共有。OKRの進捗が一目でわかります。

目標への
アクションを促進

達成のためのアクションプランを
目標に紐付けて作成が可能。
誰が今何をしているかが確認できます。

リソースを
正しく配分

リソースアロケーション機能で、優先して取り組むべき仕事を明確にします。

透明性の高い
コミュニケーション

アクションプランだけでなく議事録も取り組んでいる目標に紐づけて整理。情報の透明性を確保します。

成長を促すための
適切な1on1を支援

個人のKR進捗が一覧化され、1on1に必要な情報を一目で確認可能。権限設定を使って会話の記録もカンタンに。

資料請求・無料トライアルは
こちらから