ツールとコーチングで
OKRを成功に導く。

Resilyは、目標管理フレームワーク「OKR」の導入・運用をサポート。
社員がエンゲージメント高く働ける環境をつくります。

About Resily

Resilyとは?

OKRの導入をツールとコーチングで、
成功に導きます。

OKRは、目標がどのくらい進んでいるかを1つの場所で共有することが大切。Resilyなら、一目で目標がわかるマップ機能、アクションプランの管理や、目標の進捗確認がカンタンにできます。

専任コーチが伴奏し、すでに運用されている制度に合わせてOKRを設計。社内への研修もサポート。Resilyは、OKRの良さを最大限に引き出すサービスです。

OKRのためのツールだからできること

タスク管理・進捗共有・エンゲージメントなど、
組織マネジメントの課題を解決

目標の見える化

会社全体の目標を見える化。
経営戦略の実行プランを素早く共有

タスク管理

誰が今何をやっているかを共有。
目標に対して正しいアクションが
できているかを一元管理

進捗管理

目標の進捗を1つに集約し
マネジメント業務を効率化

達成自信度を計測

定期的な目標自信度アンケートで、
経営の意思決定をサポート

コミュニケーション支援

目標を達成するための
コミュニケーション支援。
議事録共有からツール連携までフォロー

1on1フォロー

1on1での会話記録が時系列で残り、
質の高い1on1の実施をサポートします。

ResilyはOKRを採用
社員がワクワクする目標管理を

Google、Facebookで活用されている目標管理フレームワーク「OKR」を採用。 よりパワフルかつ、シンプルな目標設定でエンゲージメントを高めます。

OKRの特徴 01

野心的でワクワクする
目標を設定

社員ひとりひとりが、力を注ぐ意義があると思える
野心的な目標が達成意欲を高めます。

OKRの特徴 02

組織の全体像を見える化し
納得できる目標に

組織の目標から逆算した個々人の目標を設定。
納得できる目標設定でやりがいを持って働けるように。

OKRの特徴 03

全体の状況に合わせて
柔軟にアクションを変えていく

進捗や達成自信度を定期的に確認。
課題を早期発見し、自走できる組織を実現します。

目標管理方法 「 OKR 」 とは?GoogleやFacebook、メルカリも使っている

高い頻度での目標設定、進捗管理、振り返り
組織が一体となり計画を進行

OKRは、Googleやメルカリで取り入れられている目標管理手法で、Objective & Key Results の略称です。

左図のように会社や各部門/チームが、達成したい目標(=Objective)と、目標への進捗をはかるための複数の定量指標(=Key Result)を設定し、互いに関連付けて全体に公開します。こうして全社の力を会社の優先事項にフォーカスさせます。

ポイントは、月に1度など頻繁にOKRの進捗を共有し、3ヶ月に1度は会社全体のフォーカスを見直すことです。この「進捗管理」と、「見直し」、で常に会社が優先事項に力を注ぐことができ、多くの無駄を排除できます。

OKRをカンタンに。
目標を元にした会話をスタート。

System

ツールの特徴

エンゲージメントを高める目標管理を実現するために、
コミュニケーションを促す3つのポイント。

カンタン入力で
全社の目標が見える化

全社の目標と成果が、直感的に見える化。高い目標を達成できるエンゲージメントの高い組織づくりが可能になります。

進捗管理機能で
マネジメント効率化

マネージャーが社員の目標と進捗を一元管理。タイムリーに意思決定ができ、目標達成に向けた具体的な打ち手が実施できるように。

1on1でのフォローも
カンタンに

1人1人の目標進捗状況や、1on1にも利用できる議事録機能で、個々人に合わせたきめ細やかなフォローアップを実現。

Consulting

コーチングの特徴

140社以上にOKRを導入してきたノウハウ
コーチングで支援される3つのポイント。

ワークショップで
スムーズな導入を支援

新しい目標管理の導入のために専任のコーチがつき、関わる社員全員で目標管理のワークショップを行い導入を支援します。

既存の制度に合わせた
OKRの設計をサポート

OKRを使った目標管理を効果的に導入・運用していくための体制構築を支援。既存の評価制度に合わせてきめ細やかにご提案します。

導入後の運用も
専任コーチが伴走

経験豊富なOKR導入・運用の専任コーチが、お客様の状況や課題にあわせ運用支援を行います。いつでもご相談いただくことができるので安心です。

各社のOKR導入や運用の相談を受けてきたが、
今後はResilyを勧めていきたい。
Resilyなら、OKRの本質を多様なチームに提供できるだろう。

及川卓也

- Tably株式会社 代表取締役(Technology Enabler)
- マイクロソフト、Google等でプロダクトマネージャーを経て独立
- 日本初のOKR書籍である『OKR(オーケーアール)シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法』(日経BP社)の解説を執筆

OKRによって自立が促され
個人の持っている能力が発揮されるように

クリエーションライン株式会社|荒井 裕貴氏

個人の自立を促す効果はすごく感じています。
ObjectiveとKey Resultsの設定から、レビュー、チェックイン、ウィンセッションまで全て自分で管理するので、完全に自立した状態になるからです。

メンバーから出てくる改善とか取り組みに対するアイデアは、
チームのリーダーでは出ないような事まで飛び出したりするので、
個人の持っている能力が発揮されるようになっていると感じます。

Resilyのツールによって、
OKRツリーで可視化ができて全員がそのプラットフォームで
一緒に活動できているところが成功に繋がっていると思います。

一体感も強化されているなとアンケート結果からも感じますね。

作成したOKRマップで社内で公開すると、
部を超えた新しい事業のアイディアが

株式会社デザインフィル|渡邊氏

「自分たちでOKRを作ってみよう」という話になり、
それぞれで作成してみたのですが、
なかなか付け焼き刃ではうまくいきませんでした。

MBOと何がちがうのか、Visionと目標の違いは?次から次へと疑問が。そこでResilyのOKRコーチに相談し、アドバイスをもらいながら進めることにしました。

Resilyは、ただクラウドサービスの箱だけ作りましたという感じではなく、組織論や人事政策についての深い理解や課題意識、思考があります。

作成したOKRマップで社内で公開すると、
部の垣根を超えた新しい事業のアイディアが出るように。

以前は推奨してもなかなか行われなかった部署間の情報共有が進み、
刺激がうまれチャレンジの後押しになっていると感じます。

Resilyの導入事例

LOADING...

料金プラン

月額50,00050,000円〜

ご利用中は 専任コーチがお客様の目標管理を徹底サポート。
ご相談、ご質問は無制限に受け付けます。

ご利用までの流れ

STEP1

資料請求、無料トライアルをフォームからお申し込みください

ご面談をさせていただき、どのように経営や会社の方針を伝えるか、また、それらを一枚岩として運用するための目標管理体制づくりをご提案します。

STEP2

目標管理の仕様設定

OKR設定に納得感をもたせるためのワークショップを行います。または、顧客社内で、OKR推進者がOKR設定のファシリテートを行うためのご支援を行います。

STEP3

システムの機能説明やQAサポート

システムのご説明を行います。ご不明点が出た場合は、機能に対するQAサポートセンターがあります。

STEP4

ご利用開始!

顧客企業内のOKR推進者が自走できるように、専任コーチがフレームワークやインサイトをご提供します。

お問い合わせ

資料も、無料トライアルも、
ぜひお試しください。

「OKRの導入を検討している」「目標管理と評価制度に課題がある」「エンゲージメントを高める施策を知りたい」目標管理に関するどんなお困りごとも、Resilyなら解決します。まずは資料請求・無料トライアルからお試しください。

お役立ち資料

3分でわかる!Resily

成長企業がやっている人事施策3選

OKRで解決できる組織課題

お知らせ

LOADING...

OKRについて相談する従業員の画像

OKRに関するお困りごとはありませんか?OKRツールとコーチングを提供する「Resily」。
これまでにOKRの導入経験がない企業様でも、スペシャリストのサポートと
誰でもカンタンに使えるツールで期待する効果が得られます。