目標達成へのコミュニケーションを革新し、
企業のパフォーマンスを最大化する

目標設定と達成へのコミュニケーションを革新する
OKRコンサルティング・クラウドOKRツール「Resily(リシリー)」



Resily がもたらす3つの価値

企業で交わされる大半の会話は、目標達成のために行われていると言っても過言ではありません。
しかしそのコミュニケーションは未だに体系付けられず、時に多くの無駄や混乱が生じます。
Resily(リシリー)は、課題の多い目標達成へのコミュニケーションを革新し、以下の3つの価値をもたらします。

1

目標達成への質の高いアクションを導く
(部分最適から全体最適へ)


従来の目標管理とは異なり、
事業や他部署含めた全体のプランが可視化され、
全体最適を意識した打ち手を導ける
詳しく見る

2

組織のコミュニケーションを改善
(つながり意識の強化)


共通ビジョンに向かうチームやメンバーが
明確になり、優先順位や施策の方向を整合させる
コミュニケーションがスムーズに
詳しく見る

3

エンゲージメント向上
(ワクワク感・自律性の向上)


力を注ぐ意義を感じられる「共通ビジョン」や、
数値目標の背後にある「意義」を明確にし、
能動的なアクションを引き出す
詳しく見る

質の高いアクションを導く
(部分最適から全体最適へ)
従来の目標管理では、事業や上位者の意図、
他部署の成果や方向性が不透明で、部分最適に陥りがちでした。

OKRでは、部門横断の共通ビジョンと
各部の成果をセットで設定し、全体に共有します。
全体像の把握により、部分最適に陥らない有効な打ち手の導出を促します。
組織のコミュニケーションを改善
(つながり意識の強化)
Resilyでは共通ビジョン達成に必要な
重要な成果と、これに関わるメンバーが可視化されます。

達成に向かうプランの全体像を共有することで、
優先順位づけや計画立案のためのコミュニケーションの質が高まります。
結果、組織のつながり意識が強化されて生産性が向上していきます。
エンゲージメント向上
(ワクワク感・自律性向上)
OKR では、従来の目標管理では見えづらかった、事業方針と
各部やメンバーの目標設定の関連が可視化されます。

これによって、全体像を把握した上で納得感を持った目標設定が可能になり、
意欲的かつ野心的な打ち手の導出を促します。
これにより能動的な目標達成のコミュニケーションを定着させます。

導入企業

及川卓也

“各社のOKR導入や運用の相談を受けてきたが、
今後は Resily を勧めていきたい。
Resily なら OKR の本質を多様なチームに提供できるだろう”

及川卓也

– マイクロソフト、グーグル等でプロダクトマネジャーを経て独立
– 日本初のOKR本である『OKR(オーケーアール) シリコンバレー式で大胆な目標を達成する方法』(日経BP社)の解説も書いた。