プロジェクトの正確さとスピードを高めるパフォーマンスマネジメントツールプロジェクトの正確さとスピードを高めるパフォーマンスマネジメントツール

Resilyは、あらゆるプロジェクトにおける達成すべき目標の状況を、
集めて、整理し、見える化。成果を最速で最大化します。

Resilyができること

集約する

すべてのプロジェクトメンバーの目標や進捗を紐付けて一覧画面に集約。

可視化する

集約した目標と進捗をわかりやすく一覧に整理して可視化。

自分ごと化する

目標達成のために今やるべきことが明確になり、自分ごと化して主体的に動くことで、プロジェクトの成果が最大化。

集約する

チームや個人の目標や
現状を
1つの場所に
集めて整理する

各プロジェクトメンバーの目標や現状を一つの場所に集めて、一覧で管理できるようにすることで、目標に対してチームがどのように動いているのかを、誰もが瞬時に把握できます。

ベネフィット
 お互いの目標共有   マネジメントの効率アップ 
 経営計画の浸透 

可視化する

それぞれの進捗と課題を
リアルタイムに共有する

各個人やチーム、プロジェクト全体が現在どう動いているのかをリアルタイムで見える化することで、情報共有と共創の環境を整えることができます。

ベネフィット
 仕事の効率アップ   会議の削減 
 部署間の理解が深まる 

自分ごと化する

進捗と優先順位を明確に
全員がプロジェクトに
コミットする

達成すべき目標と進捗を把握することで、業務の意義を理解した上で優先順位を持って取り組むことができるように。一人ひとりがプロジェクトを自分ごと化して主体的に動ける組織になります。

ベネフィット
 業務効率アップ   モチベーションアップ 
 評価の納得感アップ 

プロジェクトを進める上で
よくあるお悩み
Resilyなら解決できます

誰が何しているのかが
わからない...

スプレッドシートに膨大な量の目標やKPI、タスクが記載されており、もう誰が何をしているか分からない。

これで解決!

目標と責任者、関係者、チームが
構造的一覧可視化される

目標と目標の関係性、誰が担っているか、その進捗状況を全員に見える化できます。さらに目標と成果、タスクとバラバラだった目指すことや、やるべきこと、その結果といった定義が組織のなかで統一されます。

優先順位がわかりづらい...

目標に透明性が無く、すべての目標が同列で管理されているため優先度の理解がバラバラになっている。

これで解決!

優先度が明確になると
速度向上する

目標が可視化され、階層構造で整理されると、優先度が明確になります。優先度と進捗状況が見える化するため、個人の課題ではなく組織課題として全員が理解し助け合う風土の醸成や達成力が向上します。

目標が形骸化してしまう...

目標が形骸化してしまい、忘れられてしまう。結果として、何のために頑張っているのかエンゲージメントが低下する。

これで解決!

本来の目標管理
正しく運用支援する

形骸化している原因は、運用方法にあります。本来、日々取り組む業務は目的や目標があったはずです。目標を設定し、日々の品質を維持する、向上することに意識を向けている組織は強いです。 目標の運用状況が可視化されることで成果や貢献が実感しやすくなります。

サポート体制

現状の目標管理に関する課題や実現したい組織像をヒアリングします。

課題を解決するためのResilyの活用方法と、業務プロセスの改善をご提案します。

新しい目標管理の導入のために選任のスタッフがつき、関わる社員全員で目標管理のワークショップを行い導入を支援します。

ツールの利用状況の確認や、社員へのアンケートを行い定着するまで徹底的にサポートします。

ツールの利用状況の確認や社員へのアンケートを行い、定着するまで徹底的にサポートします。

Resilyの導入事例

料金プラン

利用料金 40,000~ /月 40,000~ /月
※20ユーザーでのご利用金額です。
※導入規模に合わせて見積もりさせていただきます。

初期費用 0 0

ユーザー数 20 名から 20 名から
※テスト運用を目的とした20名以下でのご案内は可能です。

お問い合わせ

資料も、無料トライアルも、
ぜひお試しください。

「OKRの導入を検討している」「目標管理と評価制度に課題がある」「エンゲージメントを高める施策を知りたい」目標管理に関するどんなお困りごとも、Resilyなら解決します。まずは資料請求・無料トライアルからお試しください。