OKRとは

OKRとは、さまざまな組織が目標に向かって
前進するのに役立つプロセスです。

OKRは、企業が大きな成長を遂げ、またそれを何度も繰り返す上で重要な役割を果たします。常識をはるかに超える成果を出せるのは、透明性が高く協力的な組織だけです。OKRは、70年代にIntel社で誕生した目標管理のフレームワークで、シリコンバレーの急成長企業や日本の急成長スタートアップ企業などで、活用されている目標管理手法です。

OKRの特徴

特徴1「ストレッチ」

一見達成が困難なストレッチ目標を立てる事で、挑戦する文化やイノベーションだけではなく、メンバーの成長や連帯感も生まれます。

OKRにおけるストレッチとは

・社運を賭けるレベルの大きな目標
・そもそものやり方を変えないととても達成できない目標
・当たり前の事をとんでもないレベルで行う目標

ストレッチによって
得られるメリット

相互配慮

目標の実現に向けて、メンバー全員で全力を尽くす過程で、メンバー全員も成長でき、連帯感が生まれます。

野心的な計画と挑戦

ムーンショットと呼ばれる、一見無謀な挑戦を思いつく自由な発想と、失敗を恐れない前向きさが生まれます。

モチベーションアップ

高い目標は業務への関心を高め、魅力を発見する動機付けになり、意欲や積極性が生まれます。

特徴2「トラッキング」

定期的にOKRの進捗をトラッキングすることで、正しい目標に向かうための機会が生まれ、各メンバーの貢献や方針が明らかになりエンゲージメントが高まります。

OKRにおけるトラッキングとは

・OKRを推進する担当を決めましょう
・その担当の方を中心に、定期的にOKRの進捗をチェックします(目安は週次ペース)
・OKRの期間(例えば四半期)が終われば総括を行い、OKRの見直しを行います(継続、修正、新規開始、停止)停止する場合、関係メンバー全員に必ず通知&なぜ停止するのかの振り返りをしましょう

トラッキングによって
得られるメリット

適正な貢献評価

各メンバーが、自分が正しい仕事に取り組んでいるか、仕事が組織の成功にどのように貢献するかわかることで、組織へのエンゲージメントが高まります。

臨機応変なOKRの見直し

OKRを見直す事で、状況の変化に対して柔軟に対応ができます。(OKRは本来、状況に合わせて適宜調整していくものです)

特徴3「アラインメント」

組織のOKRがすべてのメンバーに共有され、方向性がアラインメントされることで、ボトムアップの文化が生まれ、部門を超えた連携が生まれます。

OKRにおけるアラインメントとは

・組織の透明性を重要視するため、全体OKRはすべてのメンバーで共有します
・組織階層を気にすることなく、1人ひとりが会社の方向性を理解した上で、目標設定を行います

アラインメントによって
得られるメリット

メンバー同士のサポート

同じ課題感を持っているであったり、同じ取り組みをしている同僚が分かり、まわりからのサポートやアイデアが出る機会が生まれます。

個人と組織の整合性

個人の仕事が、チームの取り組み・部門のプロジェクト・全社的なミッションと結びつくので、方向性の整合が取れます。

業務効率改善

業務の重複が明らかになり、時間やコストを見直すことができます。

特徴4「フォーカス」

目指す目標を絞り込む事で、何をやらないのか?を決め、会社全体としてやるべき重要なプロジェクトにフォーカスすることができます。

OKRにおけるフォーカスとは

・ストレッチした目標(Key Result)を、3~5個に絞って立てます
・リーダーが全力で取り組む姿勢を、全メンバーに言葉と行動で示します

フォーカスによって
得られるメリット

建設的な議論

重要な局面で、組織全体が戦略にとって重要なことに集中できます。その結果、無駄を排除した建設的な議論が進み、会社の成長を後押しします。

競合差別化

決定的な違いを生む可能性のある、ごく少数のプロジェクトにフォーカスできます。

OKRの考え方の基本

O:Objectives(目標)を設定

Objectiveとは、事業のゴールと、なぜそのゴールを目指すのか?を表したものです。Objectiveの設定には、いくつかルールがあります。

Objective設定時のルール

・野心的だが現実的であること
・具体的で客観的、曖昧さがないもの
・目的が達成されたか否かが明白であること

優れたObjectiveが設定できれば、方向性が明確になり、併せて設定するKey Resultのクオリティも上がり、より成果を得られる可能性が高まります。

KR:Key Result(重要な成果)を設定

Key Resultとは、Objectiveの達成を測定するための成果指標です。Key Resultを達成することが、Objectiveの達成につながります。Key Resultの設定にも、いくつかルールがあります。

KR設定時のルール

・定量的で数値で測れること
・活動ではなく成果であること(「分析する」ではなく「分析結果を公表する」など)
・完了した事を証明できる根拠が明示できること

時には、運用開始後に正しいKRが見えてくる事もあります。

Confidence Level(自信度)を設定

自信度とは、各メンバーが自分の目標について、主観的に、今の目標を達成できそうか?を、他のメンバーに共有する目的で設定する指標です。

自信度が高い場合、進捗が良い理由は何か?自信度が低い場合、進捗を妨げているものは何か?またチーム内で自信度にばらつきがある場合は、業務の割り振りを見直す必要があるかも知れません。チーム全体の自信度が低い場合は、そもそも設定しているOKRの修正が必要な場合もあります。

例えば毎週のチェックイン時に、各メンバーに自信度を入力してもらい、その内容をベースに、業務の割り振りやOKR自体を見直しを話し合います。
自信度があることで、チームの健全性を保ちつつ、OKRの達成を目指すことができます

ムーンショットと
ルーフショット
OKRの目標設定種類

ムーンショットとは、チャレンジングで達成が難しい野心的な目標。アポロ計画の月面着陸が語源(それほど達成が困難という意味)で、60~70%の達成で成功とみなされ、達成のためにはイノベーションを起こす必要があります。
ルーフショットとは、現実的な範囲で達成可能なコミットする目標のことです。「屋根(roof)に届くほどのショット」という意味で、100%以上の達成で成功とみなされます。
どちらかの種類の目標とするのではなく、組織の目指す方向や状況に応じて併用し、重み付けを行います
売上や収益といったコミットが必要な目標はルーフショットとして設定、業界を変えるなどの壮大な目標はムーンショットとして設定するなどします。
OKRの設定には、ガイドラインはありますが、決まったルールはありません。状況に応じた柔軟な目標設定を行いましょう。

ムーンショット

非常にチャレンジングな目標

60~70%で達成成功とみなされ、
完璧にできなくてもよいとされます。

ルーフショット

難しいけど達成可能な目標

100%の達成こそが成功であり、
100%未満は失敗とされます。

Intelが大成功した
OKR活用ストーリー

マーケットシェアが半数から6%まで落ち込んだインテル社が、どのようにOKRを活用してシェア86%までの復活を成し遂げたのか?
それはインテル社だからできたのではなく、OKRだから達成できました。

会社の戦略を明確にし、従業員のリソースを優先事項に集中させ、企業に属するメンバーが一つの目標を達成するために一丸となり、あらゆるスペシャリストが各部門の垣根を超えて、目標達成に向けて取り組んだ結果です。
OKRは、企業全体の目標を全社に周知し、スペシャリストとしてその目標を達成するために、何ができるか、どうしたら達成できるかを可視化できる組織マネジメントのフレームワークです。

OKRを導入するノウハウ資料を
無料ダウンロードできます。

Resilyが100以上の企業でOKRを導入したノウハウを資料にまとめました。OKRの導入を検討しているご担当者様に必ず役立つ内容となっています。ぜひダウンロードしてご活用ください。

お役立ち資料