労政時報掲載の
OKRの導入・運用に向けた実務ポイント

人事担当者向けの、より実践的なOKR情報を掲載した、労政時報掲載のOKRの導入・運用に向けた実務ポイントを解説した資料を無料でダウンロードできます。

このコンテンツの内容

OKRの組織マネジメント手法としての有用性
OKRの4つの効果
解決される組織・制度問題
チャレンジングな目標設定が可能になる理由
OKRを人事評価に活用する実践的施策

労政時報掲載の
OKR最新情報

140社以上にOKRを導入したResilyが、労政時報にてOKRの最新事情を執筆させていただきました。このページにて無料でダウンロードすることができますので、ぜひご活用ください。

この記事ではOKRの基本から導入方法、実際に導入した有名企業の事例まで細かく掲載しています。OKRの導入を検討している方、導入中のOKRで課題を抱えている方に大変役立つ内容となっているはずです。

よくある質問(FAQ)

OKRは目標設定・管理のフレームワークです。Objective and Key Results(目標と主要な結果)の略称です。米・インテル社で誕生し、GoogleやFacebookなど、シリコンバレーの有名企業が取り入れて話題になりました。高い目標に意欲的に取り組むようになったり、経営視点を持ったボトムアップな意見が出るようになるなどの効果が期待できます。

OKRのフレームワークは目標の立て方だけでなく、進捗頻度や目標の透明性、評価とどこまで繋げるかにまで言及します。それらの特徴が組み合わされて始めて、様々なメリットを得ることができます。

OKRは、実際に目標を立てて進捗を管理する現場の従業員が、導入目的を理解しているかどうかが大切です。単にやり方を伝えるだけでなく、なぜOKRをやるのかを経営陣で統一認識を持ち、全社を挙げて取り組む必要があります。

OKRは、業務の共創環境を整え、
組織と人の成長にまで大きく貢献します。

今すぐ無料ダウンロードする

© 2020 Resily, Inc.