無料コンテンツ

効果的なOKRの
作り方・伝え方

チームで成果を上げるためのOKR作成プロセスについて、国内140社にOKRを導入したResilyのコンサルタントが詳しくご紹介します。

このコンテンツの内容

Objectiveの作り方
KeyResultの作り方
KeyResultとKPIの違い
組織全体でOKRを作成する
導入初期に失敗しないコツ

経営戦略を
実行計画まで落とし込む
OKRの作成プロセスとは?

日本企業の多くで、半期・年間に1度、上司と部下の間で完結する人事考課のための目標管理が行われています。こういったクローズドで頻度の低い目標管理は、形骸化しがちという問題があります。

そういった問題を解決するために生まれたのが、目標管理フレームワーク「OKR」。米・インテル社で誕生し、GoogleやFacebookなど、シリコンバレーの有名企業が取り入れて話題になりました。

評価のためではなく、組織と人の成長のための「攻めの目標管理」でモチベーションの改善が期待されます。組織の透明性や、チーム間の協調、ボトムアップな意見が出やすい環境を作りたい方は、本コンテンツで紹介するヒントや手順を参考にすれば、課題解決の方向性をつかむことができるでしょう。

本コンテンツではOKRをすぐに導入・実践して効果を感じていただけるように、基本から具体的な導入方法、課題解決方法について詳しく解説します。

よくある質問(FAQ)

OKRは目標設定・管理のフレームワークです。Objective and Key Results(目標と主要な結果)の略称です。米・インテル社で誕生し、GoogleやFacebookなど、シリコンバレーの有名企業が取り入れて話題になりました。高い目標に意欲的に取り組むようになったり、経営視点を持ったボトムアップな意見が出るようになるなどの効果が期待できます。

OKRのフレームワークは目標の立て方だけでなく、進捗頻度や目標の透明性、評価とどこまで繋げるかにまで言及します。それらの特徴が組み合わされて始めて、様々なメリットを得ることができます。

OKRが目標、KPIは監視指標という役割になります。数多くあるKPIの中で「このくらい伸ばしたい」という数値をKeyResultとして設定しましょう。OKRを始めたからと言ってKPIを追わないということではありません。一定の水準内に収まるべき数値として監視するために計測しましょう。

OKRを成功させるために、
考え方を浸透させ、作成プロセスを明確に提示しましょう。

今すぐ無料ダウンロードする

© 2020 Resily, Inc.