ブログ

人事考課表の書き方を徹底解説!職種別の例文もまとめて紹介


人事制度の一つである人事考課表。

給与や賞与に関わる重要な制度ですが、自己評価や他者を評価することに慣れていない人はとまどいやすいです。

そこで今回は、部下と上司それぞれの観点から人事考課表の書き方についてポイントをまとめました。

主な職種別の例文も記載しているので参考にしてみてください。

「そもそも考課ってどういう意味なの?」と思っている方は、先に「【人事向け】考課の意味とは。運用方法や注意点を紹介します」をご一読ください。

人事考課表とは?

そもそも人事考課は従業員の査定のことです。普段の仕事ぶりを評価して、その結果が給与や賞与、役職などに反映されます。

そして人事考課表とは、人事考課に使われる表のことです。

人事考課表は、半年もしくは1年に1回程度配布され、経営者や管理職などの上司だけでなく、部下である従業員本人も記述することが特徴です。

なお、人事考課は人事評価と呼ばれることもあり、人事考課表も人事評価シートや自己評価シートなどと呼ばれることもあります。

人事考課の3つの項目

人事考課は大きく

  • 成果評価
  • 能力評価
  • 意欲評価

の3つの項目に分けられます。

成果評価

成果評価は、目標に対する達成度を評価する項目です。

結果だけでなく過程も重要視されます。

ポイントは過程に関する分析や実績を客観的に記すことです。

能力評価

従業員自身の能力がどのくらい職務に発揮されたか判断する項目です。

企画力、実行力、改善力など、様々な職務遂行能力が問われます。

意欲評価

仕事に対する姿勢、コミュニケーション能力、人柄などが判断させる項目です。責任感、誠実さ、積極性、協調力などの観点から評価されます。

人事考課表の書き方【従業員が自分で作る場合】

人事考課表にはコメントを書く欄が設けられています。従業員が自身で書く際は、工夫が必要です。

  • 前向きな表現で書くこと
  • 客観的に記すこと
  • 簡潔な表現を用いること

を意識することが大切です。以下で詳しく説明します。

人事考課表は前向きな表現で書く

人事考課表は、従業員本人が経営者や役職者といった上司にアピールできる絶好の機会です。

なるべく前向きな表現で書くことを心がけましょう。

もし失敗をしてしまった場合、反省することは大事ですが、反省から得られたことを前向きな表現で書くことが肝心です。

失敗をくり返さないために、次に活かすための改善策を必ず記載しましょう。

人事考課表は客観的に記す

正確で客観的なものごとを記すことも重要です。実情よりよく書きすぎることはもちろんNGですが、ひかえめに書きすぎることも望ましくありません。

もし具体的な数値で決められた目標があれば、達成度を数値で示し、結果に対する分析と実際に行った取り組みを書いて適切にアピールしましょう。

会社はチームプレーですので、チームに貢献したことも書き添えると印象がよく、おすすめです。

人事部は華々しい成果を出す人だけでなく、自分の仕事を客観的に見て今後に活かせる人材を高く評価する傾向があります。

正確に自己を見つめ、客観的な評価を記載しましょう。

人事考課表は簡潔な表現を用いる

上司は忙しい業務の合間に人事考課表を確認します。読む気にならないように感じるような長い文章は避けたほうがよいです。

「だ・である調(常体)」を用いて、シンプルで簡潔な文章を作りましょう。

なるべく数値化すると、簡潔かつ客観的で説得力のある文章になりやすいです。

上司が読むことを考えて、推敲してから提出することをおすすめします。

人事考課表の書き方【上司(経営者や役職者)が書く場合】

上司が人事考課表を書く場合は、部下が書くよりもさらに客観性を保つことが大切です。

従業員の成果だけでなく、期間中にどのような行動を積み重ね、どの程度力を伸ばしたかを平等な基準で評価しましょう。

上司は、日常的に従業員の行動をよく観察する必要があります。目に見える成果だけではなく、目に見えにくい成果にも注目することが大切です。

正当な評価をすることは、評価の対象となる部下はもちろん、上司の出世や昇進にも結びつきます。

また、部下の資質を伸ばすためにも、いまの成果だけでなく今後の育成まで考えた書き方をすることが肝心です。

部下本人が気づいていないウィークポイントがあれば、改善案を示すと効果的でしょう。

指摘した上で改善された場合、どのようなベネフィットが会社に与えられるかを書くことも有効と言えます。

職種別、人事考課表の例文

ここからは職種別で人事考課表の例文を紹介します。

営業職

営業職はノルマという定量目標があり、改善点もつかみやすいため、人事考課表が書きやすい職種です。

人事考課表にはノルマの達成度を書くだけではなく、未達成の場合でも取り組んだ活動や改善策などを具体的に記載しましょう。

上司の場合は、より客観的な視点を忘れてはいけません。

定量目標を見ることはもちろん、部下本人の日ごろの取り組みもしっかりと観察し、人事に反映させましょう。

以下で例文を紹介します。

人事考課表の例文【営業職】:部下の場合

今年度の売上目標○○円に対し、実績は□□円、達成率は110%であった。チーム内の情報共有を徹底し、士気を高めあう活動の成果と考えられる。エリア別では、●●エリアが目標としていた◆◆円に対し実績が◇◇円と未達ではあるが、新規開拓率の向上につながった。成約率を高められるようにクロージング方法の見直しを行う。

人事考課表の例文【営業職】:上司の場合

売上目標の達成率が110%であったことは評価に値する。率先して情報共有を行いチームの士気を高めることに貢献していた。しかし、●●エリアへの営業には改善の余地がある。より成約率を高められるように営業手法の改善が課題となるだろう。

事務職

事務職は業務の変化が少なく、そのため人事考課表が書きにくい傾向があります。

しかし経営を支える大切な仕事であり、ふだんは目立たないかもしれませんが、会社にとって欠かせない職種です。

部下の場合、

  • 普段の業務の完成度を高めるために行ったこと
  • 新しくできるようになったこと
  • 作業効率をアップさせるために取り組んだ改善策

などについて報告しましょう。大きな成果でなくとも、できた仕事を人事へとこまめに伝えることが大事です。

上司の場合は、ふだんから部下の仕事を観察し、細かな変化を見逃さない姿勢が求められます。

評価に値することがあれば、小さな変化でも積極的に反映させるのがポイントです。

人事考課表の例文【事務職】:部下の場合

●●に関するマニュアルを整備し作業効率をアップさせた。仕事を可視化することで、属人化を回避する仕組みを考案。会議資料をデータ化することを提案し、コピー用紙を使用する枚数を削減して経費削減に貢献することができた。

人事考課表の例文【事務職】:上司の場合

●●という仕事は、前任者が退職してからAさんに仕事が集中している傾向があった。仕事が属人化するリスクを自ら考慮し積極的にマニュアルを作成するなど、会社全体の利益を考えて行動する姿勢が見受けられる。ミーティングにおいても、発言する機会が増え、責任感が増している。

企画職

リサーチから販売促進、広告まで担当する企画職には、論理的な思考や交渉をできる力が求められます。

部下の場合、自分が関わったプロジェクトの成果やエピソードを紹介するのがおすすめです。

また、他部署や他社と連携してプロジェクトを進めた場合、円滑に業務を進めたコミュニケーション能力も評価対象となるので記載しましょう。

上司の場合は、見えやすい実績だけではなく、見えにくい日ごろの仕事に関する姿勢も鑑みて評価をすることが大切です。

人事考課表の例文【企画職】:部下の場合

リサーチの結果、若い女性に◇◇の需要があることが判明した為、〇〇プロジェクトを企画した。根拠となる資料を多く集めプレゼンを行った所、■■社の協力を得ることができ、売上目標を●%達成する結果となった。今後もリサーチを怠らず、新しい需要のある企画を積極的に見つけていく。

人事考課表の例文【企画職】:上司の場合

潜在的なニーズを発掘し○○プロジェクトを進めたことは評価に値する。プレゼンも説得力があり、■■社の協力を得ることができた。しかしながら、企画立案に注力しすぎる傾向がある。高い分析能力があるので、情報を共有し部署全体を支える姿勢が身につくとより期待できる人材と考えられる。

ポイントと例文をおさえれば人事考課表は書ける。まずは社内のコミュニケーションから始めよう

人事考課表について書き方のポイントを、例文と合わせてご紹介しました。例文はあくまで例なので、状況に合わせて書き換えて使ってみてくださいね。

いざ書くときになって困らないように、日々の業務内容をこまめに記録し、上司や部下を問わず、社内でのスムーズなコミュニケーションを心がけることをおすすめします。



OKRを簡単導入して運用する仕組みResily(リシリー)

【PR】働き方改革にはOKRの導入がキーになる

OKRを導入することで全社のベクトルを合わせた目標設定ができ、無駄を排除して効率的な企業活動を実現できます。
クラウドOKRサービスのResilyは、OKRフレームワークを簡単に進めていくための型を提供し、運用負荷を削減します。
会社全体が1つのチームになり、アクション改善の判断に必要な情報共有がスムーズに進みます。
ご興味ご関心がありましたらお気軽にお問い合わせください。

うまくいく会社の目標設定・運用の仕組みをクラウドで - クラウドOKRサービス「Resily」