• TOP > 
  • OKR運用定着化支援サービス

serviceOKR導入・運用支援

OKR導入・運用のコンサルタントが、お客様の状況や課題にあわせ、最適なOKRの導入・運用支援を行います
OKRに取り組む事は、導入支援が必要なことからわかるように、たしかに簡単ではありません。しかし全社一丸となって取り組む事で、その威力を発揮し、想像以上の成果を成し遂げることができます。
組織の状態や既に運用されている制度との兼ね合いから、OKRの推進担当の任命や運用方法などの、OKRを導入・運用するにあたり考慮すべきポイントをふまえ、最適なご支援をいたします。

OKR導入支援 サービスメニュー例

OKR設定ワークショップ

OKR設定ワークショップ

これから取り組んでいくOKRを決めるため、関わるメンバー全員で、OKRを決めるための作業やディスカッションをするワークショップです。
OKRの設定は簡単ではありません。効果的なOKRの設定のためには、関係者全員でのディスカッションや合意、また各OKR同士の整合性があることや意思決定者の承認など、複数の段階が必要だからです。
ワークショップでは以下のようなことを行います。

  • OKRのドラフト作成
  • OKRドラフトをチームで磨く
  • OKR間の整合性の調整
  • 意思決定者によるOKRの承認
  • 運用にあたり完成したOKRをシステムに反映する

OKRの設定は簡単ではありませんが、関係者全員で議論し考えることで、皆で取り組むべき素晴らしいOKRを作り上げることができます。

OKR説明会

OKR説明会

OKRに取り組んでいくにあたり、OKRの意味やOKR設定の見本、OKRを運用していくにあたってのポイントなどの説明会です。
OKRの導入や運用を進めていくには、導入の担当者や決裁権のある方だけではなく、OKRに関わる全員の理解や協力が必要です。
説明会では以下のような話をします。

  • OKRの意味
  • OKRの構造や期間、目標の設定
  • OKRを進めるためのチーム編成
  • OKRと人事考課の紐付け

説明会により、OKRに関わる全員が理解を深め、「なぜOKRをやるのか?」が分かることで自分事化され、認識が揃います。

導入体制構築支援

導入体制構築支援

OKRの導入・運用をしていくにあたっては、体制作りが必要です。
OKRは全社で進めていくもので、メンバーの協力が必要不可欠です。そのために、各メンバーにOKRに取り組む中でどのような役割を果たしてもらいたいかを決める必要があります。
具体的には、スポンサー・マネジメントチーム・運用デザインチームといった役割や、その役割へのアサイン、人数などを決めていきます。
OKRの導入・運用体制を初期に明確に定めることで、主となって取り組むメンバーのパフォーマンスが上がり、結果組織として効果の高いOKRに取り組むことができるようになります。

OKR運用支援 サービスメニュー例

活用レポートの提供

活用レポートの提供

OKRの運用開始後、振り返りや、以後の取り組みの参考になるデータを提供しています。
OKRの効果的な運用には、定期的な振り返りや、OKR期間が終了した段階での振り返りが重要になります。
レポートを活用したOKRの振り返りを行うことで、より効果的なOKR運用を実現することができます。

サポートデスクFAQサイト

サポートデスクFAQサイト

OKRの運用を助ける、サポートサイトを運営しています。
OKRに取り組む中では、OKRの運用についてやOKRツール『Resily』の利用方法についての疑問や質問が出てきます。
機能・OKRのナレッジ(知見)・よくある質問といったカテゴリに分けて、それぞれ図解しつつ理解いただけるようになっています。
OKRの運用で困ったことがあれば、サポートサイトを見ることで解決することができ、スムーズなOKR運用を実現できます。

OKRコンサルティングの流れ

体制作り

OKRの試験設定&運用

ガイドラインの策定

本番運用のサポート OKRとは何かの説明Resilyの使い方の説明レポートを活用した運用促進サポート窓口の開設ワークショップの開催

OKR運用のお悩みを解決致します

  • 現在の制度設計が
    OKR導入のボトルネックになっている

  • OKRを導入するにあたって
    何から準備すべきかが分からない

  • OKRを社員全体に浸透させるには
    どうすればいいか分からない

  • OKRを運用するにあたっての
    注意点を予め知っておきたい