ブログ

Smartの法則とは?5つの基準と、目標を達成するためにすべきことを紹介します


「Smartの法則ってなんだろう?」

と思っている方。

Smartの法則とは、5つの基準に基づいた目標の立て方です。Smartの法則にあてはめて目標を考えることにより、明確な目標を立てることができます。

とはいえ、Smartの法則は専門用語ということもあり、難しく感じますよね。

そこで、この記事では、

  • Smartの法則の概要
  • Smartの法則における、代表的な5つの基準
  • Smartの法則の注意点
  • Smartの法則を使って、目標を設定する方法
  • Smartの法則に基づいた目標を達成させるためにすべき、3つのこと

を、お伝えします。

まずはこの記事で、Smartの法則を大まかに理解しましょう。

Smartの法則とは、5つの基準に基づいた、目標の立て方

Smartの法則とは、5つの基準に基づいた目標の立て方です。5つの基準を表す英単語の頭文字をとって、Smartと呼ばれます。

Smartの法則は「古い」、「時代遅れ」と言われながらも、今でも有効な目標設定の方法の1つだとされています。

Smartの法則の提唱者:ジョージ・T・ドラン

Smartの法則は、ジョージ・T・ドラン(George T. Doran)著『There’s a S.M.A.R.T. way to write management’s goals and objectives』(1981年)において、初めて提唱されました。

この論文の中ではSmartを構成する要素として、

  1. Specific(具体的な)
  2. Measurable(測定可能な)
  3. Assignable(誰がやるのか割り当て可能な)
  4. Realistic(現実的な)
  5. Time-related(期限が明確な)

という5つの基準が紹介されています。

ジョージがSmartの法則を提唱した後、他の著名人によってSmartの法則の基準が変更されたり増やされたりしました。例えばスタバことスターバックスが使っているSmartの法則では、Time-relatedではなくTime Sensitive(期限に見合った)が基準に選ばれています。

次では、現在で広く伝わっている、一般的な5つの基準を紹介します。

Smartの法則の5つの基準と、それぞれの基準を満たした目標の例

一般的に、Smartの法則は以下の5つの基準で構成されています。

  1. Specific(具体的な):目標が具体的か
  2. Measurable(測定可能な):達成度を測れる目標か
  3. Achievable(実現可能な):達成可能な目標か
  4. Relevant(関連した):目標の達成が自分の利益につながるか
  5. Time-bound(期限を定めた):期限が設定されている目標か

次からは具体例とともに、それぞれの基準を簡単にご紹介します。

1. Specific:目標が具体的か

1つ目の基準は、Specific(具体的な)。つまり目標が具体的なものかどうかです。

例えば会社全体で「商品をヒットさせる」という目標を掲げても、社員の行動にはつながりにくいでしょう。なぜならどれほど売れればヒットなのかがはっきりとしていないためです。

逆に「商品Aを1年間で10万個売り上げる」などの具体的な目標の方が、10万個売り上げるためには何をしたらいいのかなど、細かい行動まで逆算して考えることができます。

2.Measurable(測定可能な):達成度を測れる目標か

2つ目の基準は、Measurable(測定可能な)、つまり達成度を測れる目標かどうかです。測定可能な目標を掲げることで、定期的に

  • 自分(会社)が目標のうち何%達成できたか
  • あと何%残っているのか

を確かめることができます。

目標を測定可能なものにするためには、数値を持った目標を決めるのが有効です。例えば「10万個商品を売り上げる」などですね。

3. Achievable(実現可能な):達成可能な目標か

3つ目の基準はAchievable(実現可能な)、つまり達成可能な目標かどうかです。

例えば「中学校レベルの英語もわからないけれど、1週間後のTOEICで満点をとる」など実現できそうもない目標を立てても、モチベーションは上がりません。

実現可能な目標の方が、モチベーションのアップにつながります。

4. Relevant(関連した):目標の達成が自分の利益につながるか

4つ目の基準はRelevant(関連した)、つまり目標の達成が自分の利益につながるかどうかです。自分にとってのメリットが無い目標を掲げても、モチベーションを保つのは簡単ではありません。

一方で例えば「営業をX件制約させる」という目標ならば、「インセンティブがもらえる」という、自分にとっての利益を見出せます。

5. Time-bound(期限を定めた):期限が設定されている目標か

5つ目の基準はTime-bound、つまり期限が設定されているかどうかです。期限がない目標は、いつまでも先延ばしにされてしまい、達成されません。

例えば「1ヶ月後までに、マーケティングに関する本を3冊読む」など、目標に期限を設けるのがおすすめです。

次では、Smartの法則を使うときの注意点をご紹介します。

Smartの法則を使うときの注意点:全ての目標が、全ての基準を満たす必要はない

Smartの法則を使うときの注意したいのが、全ての目標が、全ての基準を満たす必要はない点です。

今すでに運用している目標管理の手法とSmartの法則の間に矛盾が発生した場合は、そもそも何のために目標を達成したいのかを考えます。

そして、Smartの法則のどの基準を取り入れるのかを決めるのがおすすめです。

次では、Smartの法則を使って、目標を設定する方法をご紹介します。

Smartの法則を使って、目標を設定する方法:シートを活用する

Smartの法則を使って目標を設定するときは、以下のような表が書かれたシートを使うのがおすすめです。

目標:あいまいな、とりあえずの目標
Specific(具体的な):目標が具体的か?
Measurable(測定可能な):達成度を測れる目標か?
Achievable(実現可能な):達成可能な目標か?
Relevant(関連した):目標の達成が自分の利益につながるか?
Time-bound(期限を定めた):期限が設定されている目標か?
目標:明確な目標

例えば以下のような形です。

目標 商品をたくさん売る
Specific(具体的な):目標が具体的か? 商品Aを売る
Measurable(測定可能な):達成度を測れる目標か? 1,000個売る
Achievable(実現可能な):達成可能な目標か? 先月800個売れたので、おそらく達成可能
Relevant(関連した):目標の達成が自分の利益につながるか? 1,000個売れたら、インセンティブがもらえる
Time-bound(期限を定めた):期限が設定されている目標か? 来月までに売る
目標 来月までに、商品Aを1,000個売る

次では、目標を達成させるために必要な3つのことをご紹介します。

Smartの法則に基づいた目標を達成させるためにすべき、3つのこと

ここでは、Smartの法則に基づいた目標を達成させるためにすべきことを3つご紹介します。

  1. 目標達成につながる行動を、スケジュールに組み込む
  2. 目標達成につながらないことをやめて、時間をつくる
  3. 目標と現状を比べ、定期的に目標を見直す

1. 目標達成につながる行動を、スケジュールに組み込む

1つ目のポイントが、目標達成につながる行動をスケジュールに組み込むことです。せっかく目標を立てても、日々の生活に取り入れられないと忘れられてしまいます。

例えば「今月中に100社に営業をかける」のが目的であれば「毎日○時ごろに5社に営業をかける」など、目標達成につながる行動をスケジュールに組み込むようにしましょう。

2. 目標達成につながらないことをやめて、時間をつくる

2つ目のポイントが、目標達成につながらないことをやめて、時間をつくることです。

何をやめるか判断するためには、まず「いつ、何をしたか」を細かく記録するのがおすすめです。その記録を振り返ることで、どの時間が削減できそうかを検討しましょう。

3. 定期的に目標と現状を比べ、目標を見直す

3つ目のポイントが、定期的に目標と現状を比べ、目標を見直すことです。なぜなら仮にSmartの法則に基づいて目標を立てたとしても、全てが予定通りには進むとは限らないためです。

前述のように、実現できそうもない目標を立ててもモチベーションは上がりません。また簡単に実現できる目標は成長につながりません。

定期的に進捗を確かめて、目標を見直すのがおすすめです。

Smartの法則を取り入れて、達成できる目標を!

この記事では、まずSmartの法則とは、5つの基準に基づいた目標の立て方である、と紹介しました。

5つの基準には色々な種類がありますが、現代では以下5つの基準が一般的です。

  1. Specific(具体的な):目標が具体的か
  2. Measurable(測定可能な):達成度を測れる目標か
  3. Achievable(実現可能な):達成可能な目標か
  4. Relevant(関連した):目標の達成が自分の利益につながるか
  5. Time-bound(期限を定めた):期限が設定されている目標か

Smartの法則を使って目標を設定するときは、表に5つの基準が書かれたシートを使うのがおすすめです。

次に目標達成のために必要なこととして、以下の3つをご紹介しました。

  1. 目標達成に繋がる行動を、スケジュールに組み込む
  2. 目標達成につながらないことをやめて、時間をつくる
  3. 目標と現状を比べ、定期的に目標を見直す

明確な目標を立てる上で、Smartの法則は有効です。従業員に目標を立ててもらいたい場合には、このSmartの法則を試してみてください。



OKRを簡単導入して運用する仕組みResily(リシリー)

【PR】働き方改革にはOKRの導入がキーになる

OKRを導入することで全社のベクトルを合わせた目標設定ができ、無駄を排除して効率的な企業活動を実現できます。
クラウドOKRサービスのResilyは、OKRフレームワークを簡単に進めていくための型を提供し、運用負荷を削減します。
会社全体が1つのチームになり、アクション改善の判断に必要な情報共有がスムーズに進みます。
ご興味ご関心がありましたらお気軽にお問い合わせください。

うまくいく会社の目標設定・運用の仕組みをクラウドで - クラウドOKRサービス「Resily」