OKRとは

OKRとは:企業のパフォーマンスを最大化するための仕組み


OKR は、Objective & Key Results の略称で、野心的な目標・ゴールと、そこに到達するために必要な結果を設定し、
企業を飛躍的な成長に導く目標設定・運用手法です。

経営からチーム、時に個人まで OKR を設定し、
互いに関連付けて目標達成プランを可視化することで、全体のフォーカスを整合させることができます。

ここでは、 OKR の3つの特徴を紹介します。

1

【挑戦性】「野心的なゴール」で目指すべき姿を明確にする

KPI など事業数値のみでは、メンバーはなぜそれを達成する必要があるのかを理解することはできません。
Objective という、会社やチームが目指すワクワクするようなビジョンや戦略と、
KPI にあたる Key Results が組み合わさることで、達成困難とも思える目標に向かう原動力となります。

メンバーの貢献意欲を向上させるには、KPI の背後にある「目指すべき姿」や「達成する意義」を明確にすることが重要です。

Objective = 意義・ビジョン・戦略
Key Result = KPI やビジョン達成の鍵となる成果
2

【透明性】部門・チームを横断する共通ビジョンで方向を整合させる

あるチームの KPI やプロジェクトが、他チームの業務生産性を下げてしまう。
こんなことを避けるために、チームや部門を横断して向き合う共通ビジョンを Objective として掲げます。
共通ビジョンのもと、各チームが割当てられた Key Result に対してOKR を設定することで、
企業全体のフォーカスや生み出すべき成果の方向を整合させることができます。

方向を整合させるには、部門を横断して向き合える「共通ビジョン」を設定し、フォーカスを一致させることが重要です。

上位Key Result
Objective
Key Results
Key Results
Objective
Key Results
Key Results

矛盾なく整合した状態

3

【俊敏性】達成プランを高頻度で見直す

事業上重要な KPI を達成するには、多くの試行錯誤とテコが利くポイントの発見が必要で、
当初設定した目標やアクションプランでは達成に十分ではなかったということも少なくないものです。
OKR では、変化を許容し、特に現場メンバーのアクションプランは高頻度で見直します。
都度、「目指す状態」や「達成する意義」を Objective で明らかにしながら、
上位にある Key Result の達成プランを改善していくことが必要です。

現場メンバーの OKR は、変化を許容し、「達成する意義」や「目指す状態」を明らかにしながら見直していくことが重要です。

Objective は以下を参考に更新し
3ヶ月ごとに Key Results の数値や Key Results そのものを変えていく


会社 Objective 1年〜2年ほど変更なし
事業部・部門 Objective 半年〜1年ほど変更なし
チーム Objective 3ヶ月ほど変更なし
個人 OKR 月次や隔週など高頻度で見直す